Datacore-Hydroを買い占めてみた

まえがき

最近、Datacoreを買うだけでなく、余剰資金を使って地方での販売を行っています。その地域で採れないDatacoreをJitaの2割り増しで売るのが目標です。売りの場合は、MarginTradingのスキルが効かないので、どうしても資金効率が悪くなります。

さて、10地域を超える広域で同じ商品を買って売る場合、どのようにさばくのが効率的でしょうか。買ったものを売る場所へ持って行けばいいと思いますよね? 私も最初は、そう考えていました。だけど、どうもこれが効率悪いのです。持って行く前に価額をチェックするのが面倒で、置きっぱなしになってしまいます。そこで、買ったものは、とにかくすべてJitaで売ることにしました。そして、地方都市で売るものは、その時、Jitaで買うことにしてみました。1%未満の手数料を払うだけで、資金効率に無駄がなくなります。それに、PCの前でメモなんか取るのは面倒くさくてやってられないのです。

Hydro不足

さて、久しぶりに書こうとすると前書きが長くなってしまいます。今日、Minmatar方面で品不足なDatacoreを、Jitaで1Bil超ほど購入し、持って行きました。Jitaは買ったものを売りさばいてiskに換金するところという意識が染みついているので、わざわざ自分で使う予定のないものを買うというのは、なんだか心配です。これ、ちゃんと売れるかな?

その中で、Datacore-Hydromagneticを420,000iskで1200個買いました。すると、JitaでのHydromagneticのSellersが少なくなっています。見る間に、売り物がなくなってしまいました。一瞬とはいえ、Jitaで売ってないって珍しいですよね。

ここはひとつ、マンネリを打破するために、相場操縦に乗り出してみます。

いや、価額を思い通りに操作するのは不可能ですよ。高くなると、T2BPOを作っていらっしゃる皆さんは、買い控えを始めるのです。そうこうしているうちに、高値になっているのをみた生産者の方々は、すぐに商品を陳列し始めるのです。なので、相場を大きく動かすことはできません。ただちょっとだけ、品薄で値上りを始めた時で、自分も買取りをすることによって、よりいきよいよく価額を上昇させることができるのです。ちょっと波に乗るだけです。いつもみている商品でないと、この波が始まった時を見つけることができません。それに、多地域へのキャラ配置もあった方が確実でしょう。

さて、Hydroの産地に常駐しているキャラを使って、買い占めです。400,000iskで買えるものをほとんど買ってみました。2,900個、総額1Bil超です。Jitaでの平均取引量は、4,000個ですから。ちょっと買いすぎたかもしれません。

はたしてこれをうまく売り抜けることができるでしょうか。現在のJita売値は555,000isk、買値は397,500iskです。2~3日高値止まりしてくれれば、成功するでしょう。その頃には、買い注文の人たちがじわじわと値段をつり上げていてくれるからです。

あとがき

基本は、堅実に需要のある商品の売買です。ときどきちょっと冒険してみるだけです。全財産を賭けて、買ったら2倍になる…なんていう商売は残念ながらありません。ちまちまやるしかないのです。

2 件のコメント

  • Datacore交易

    「ナムジの深宇宙探訪」の「Datacore-Hydroを買い占めてみた」の記事を見て、いつものごとく表を作ってみました。
    というわけで、Jita(The Forge)以外のRegionで Datacore を購入し、Jita(The Forge)で…

  • 11/2月曜日朝に見たらJitaのSellersとBuyersの差は収束していました。
    最安値Sellが510,000isk、
    最高値Buyが480,000iskでした。

    520,000iskで100個売り、
    480,000iskで654個売りました。
    粗利64,320,000iskってたいした儲けではないですね。
    さいわい、高値に止まったので、まだ売り抜くチャンスはあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    この記事を書いた人

    仕事のかたわら、ほそぼそとネットゲームに興じるおっさん。最近は、Hearthstone:ハースストーンが面白い。プロフィール  Twitter