世界時計を設置してみました

欧米系MMORPGをやっていると、なにかと鯖が置かれている国の時間を知りたくなります。というわけで、前ブログに引き続き、時計を設置してみました。

できるだけ広告がなくて目立たないものという基準で探した結果、こちらの時計を利用させていただくことにしました。広告がなくて、デザインの自由度が高いので、大変気に入りました。
ブログパーツをさがせ : ブログパーツ風味の一行時計(世界時計バージョン2種)

さて、この時計の使い道ですが、前ブログではWorld of Warcraft の不定期に発生するサーバーダウンタイムを把握するために使っていたような気がします(もはや記憶が曖昧)。しかし、今やっている EVE Online では、そのような心配をする必要がありません。なぜなら、毎日、日本時間の夜8時~9時というゴールデンタイムがサーバーダウンと決まっているからです。

では何に使うのかといいますと、主として、ミッションを受けた際に表示されるボーナスの制限時間を読むのに使用します。ミッションを受ける前は、6時間以内と表示されていても、ミッションを受けてからは、制限時間がグリニッジ標準時で表示されます。

あとは、外人の現在の生活時間を知るために使えるかな。昼間に遊んでるのか、夜のゴールデンタイムなのか、Jitaは今どこの国の人で混んでるかなとか。

ああ、ブログって、ナルシシズム。はやく記事を書かなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人

仕事のかたわら、ほそぼそとネットゲームに興じるおっさん。最近は、Hearthstone:ハースストーンが面白い。プロフィール  Twitter