過去最大級のお取引

最近、Datacoreの1回の取引は、2000個以下でしょうと、さも知った風に書きました。
» 取引量の目安

偉そうなこと言ってすいません。私の認識不足でした。先ほど、こんな取引をいただきました。
big-deal

現在のJitaおける時価は、以下のとおりです。
Datacore – Graviton: 最安売値215,000isk 最高買値187,000isk
Datacore – Caldari: 最安売値200,000isk 最高買値185,000isk

このまま最安売値で売れると、粗利は、316,000,000iskになります。
Datacore-Graviton: 売上高粗利率 30%
Datacore-Caldari: 売上高粗利率 29%

粗利まるまる儲けじゃないんだからね。勘違いしないでよね。……あ、失礼。語尾がおかしいのは気にしないでください。ここでちょっと粗利や手数料について説明しますと、以下の式になります。
売上高-仕入原価=粗利(売上総利益)
粗利-経費=最終利益

今回の場合、買いオーダーのBrokersFee0.8%、売りオーダーのBrokersFee0.41%、SalesTax0.5%、輸送コントラクト推定0.2%という経費がかかります。それに、これだけ売るとなると、売っている間に値下りします。

もし、このCitadelのHuttakenから、5jump先のJitaまで持って行ったとすると、221,000,000isk高く売れたわけです。正直、なぜにここで売りたかったのか、私にはよくわかりません。ただ、人の事情をあれこれ詮索しないのが分というものです。こちらは商人として利便性を提供するのみです。

でも、最後にひとこと。本当にごちそうさまでした。いえ、またのお越しをお待ち申し上げております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人

仕事のかたわら、ほそぼそとネットゲームに興じるおっさん。最近は、Hearthstone:ハースストーンが面白い。プロフィール  Twitter