『アルドノア・ゼロ EP03』命がけの作戦

火星人がほとんど殺人狂とか、姫様が亡命状態になってるとか、火星人の政治感覚が幼稚すぎるとか、そんなことはどうでもいいんです。ロボットが戦うためのお膳立てにすぎません。

3話目にして、満を持して、主人公がロボットに乗りますよ。圧倒的戦力差があるにもかかわらず、成り行きで、一介の高校生が、量産型訓練機で、火星の超科学に勝利する!っていうのが、この物語のやりたいことなんです! あとは適当にでっち上げておけばいい。あ、だけど、姫様のビジュアルだけは本気で。

もちろん、姫様が魔法少女なのは、尺の都合です。一瞬で正装に変身することも、火星の超科学というこで、なんら問題はありません(キリッ

最後に、トリルラン卿が、わざわざ出てきて説明ゼリフをはいてから、しょうもない死に様を晒す。こっちは、脚本家虚淵氏がやりたいこと。

これから、上司を殺して火星軍を追われたスレインは、自身の潔白を証明するため、地球軍に味方しますよ。そして、姫様と主人公が三角関係で、韻子がやきもち。賢い主人公があの手この手で次々と火星カタクラフトをやっつけていきますよ。次回も楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人

仕事のかたわら、ほそぼそとネットゲームに興じるおっさん。最近は、Hearthstone:ハースストーンが面白い。プロフィール  Twitter